1. 看護師求人 トップ
  2. 個人情報の取り扱いについて

個人情報の取り扱いについて

[個人情報の取扱いについて]
ディップ株式会社(以下「ディップ」といいます)は、本ウェブサイトにおいて取得する個人情報を以下のとおり取扱います。

a)個人情報を取得する事業者
 ディップ株式会社

b)個人情報保護管理者の職名、所属及び連絡先
 ディップ株式会社 経営管理本部 総務統括部長
 連絡先はこちら

c)個人情報の利用目的
 取得した個人情報は、以下の目的で利用いたします。

【ユーザー様向け】
(1)会員規約第11条に定めるサービスの提供
(2)相談・応募規約第5条に定めるサービスの提供
(3)就職・転職に関する情報提供
(4)ディップと提携する人材紹介会社または派遣会社への登録
(5)ディップのサービス向上を目的とした意見、要望、情報の提供
(6)ディップと業務提携契約等を締結した企業のサービス・情報の提供
(7)ディップのキャンペーン及びイベントのご案内、パーソナライズド広告の配信

【採用ご担当者様向け】
(1)お問合せ内容への回答

d)第三者への提供
 ディップと提携する人材紹介会社または派遣会社への登録のために第三者への提供をすることがあります。
第三者へ提供する場合、個人情報の取扱いに関する契約を締結した上で、セキュリティ対策を施したサーバ上ですべての個人情報を第三者へ提供します。

e)個人情報の取扱いの委託
 個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合があります。この際は、個人情報の取扱に関する契約を締結し、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。

f)本人からの開示要求など
 個人情報の(ⅰ)利用目的の通知、(ⅱ)開示、(ⅲ)訂正、追加又は削除、(ⅳ)利用の停止、消去又は第三者への提供の停止、(ⅴ)その他苦情などのご相談の必要がある場合、お問合せフォームにて(ⅰ)~(ⅴ)の請求の種別と請求内容をご相談の上、本人確認書類、返信用封筒、書留郵送料として512円分の切手を同封の上、個人情報の開示・訂正・削除等請求書をご送付ください。

(お問合せフォーム)
お問い合せフォームはこちら
(個人情報の開示・訂正・削除等請求書)
請求書はこちら
(個人情報の開示・訂正・削除等請求書の送付先)
〒106-6231 東京都港区六本木3-2-1 六本木グランドタワー31Fディップ株式会社 プライバシー事務局
FAX:03-5114-1182

(本人確認)
ディップは、個人情報の開示請求等の際、個人を識別できる情報(氏名、性別、年齢、住所、生年月日、電話番号、FAX番号、メールアドレス、職業、その他同一性の確認に必要な項目)により、ご本人または代理人であることを確認します。ただし、本人以外が個人を識別できる情報を入手し使用した場合、ディップは責任を負いません。

g)任意性
 氏名、メールアドレス等、本ウェブサイトの利用のために最低限必要な個人情報の登録を除いては、個人情報の登録はユーザーの自由な判断に任されます。必須項目については、ご入力いただかなかった場合、ディップからのサービスを提供できません。任意項目については、ご入力いただかなかった場合、ディップからのサービスを十分に提供できない場合があります。

h)容易に知覚できない個人情報の取得方法
 本サービスを利用いただく際に、利便性の向上、広告の配信及び統計データの取得のため、Cookie、Webビーコン及びlocalStorage等類似の技術(以下、「クッキー等」といいます。)を利用して、ユーザーの利用状況及び属性情報を取得することがあります。ただし、クッキー等には個人情報は一切含まれず、個人を特定することはありません。なお、ディップは、ユーザーのブラウザ上での関心や行動履歴に適した広告を表示するために、クッキー等を利用して、以下の企業が提供するパーソナライズド広告サービスを配信しています。このサービスを無効にしたい場合は、以下のサイトの手順に従ってください。

グーグル合同会社
https://www.google.com/intl/ja/policies/technologies/ads/

ヤフー株式会社
http://btoptout.yahoo.co.jp/optout/index.html

CRITEO株式会社
https://www.criteo.com/jp/privacy/

Facebook Japan株式会社
https://www.facebook.com/about/ads

LINE株式会社
https://terms.line.me/line_rules_optimize

株式会社オプト
https://www.adplan7.com/privacy.html

i)統計データ
 ディップは、個人を特定できないように加工した利用状況や統計データを作成し、当該情報について何ら制約なく利用することができることとします。なお、この場合の著作権はディップに帰属します。