1. トップ
  2. ナースではたらこコンテンツ
  3. お仕事レポート
  4. 回復期リハビリテーション病棟のお仕事Q&A/疑問にお答えします
看護師さんのためのお仕事レポート

回復期リハビリテーション病棟のお仕事Q&A/疑問にお答えします

たくさんの看護師さんの転職をお手伝いしてきたキャリア・アドバイザーが、回復期リハビリテーションに関する疑問にお答え致します。

看護師の画像

Q.どんな風に他職種の人たちと協業しているの?

A.カンファレンスだけでなく、日々の業務の中で積極的に会話します

多くの病院が、他職種を含めたチーム医療の体制を敷き、毎日のカンファレンスの中で各患者さまのリハビリの方向性を決めています。

ドクターをはじめ、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士といったスタッフとともに、その日の患者さまの様子やリハビリの進捗具合を確認し、その中で、行き詰っている点があればお互い相談しているようです。 また、看護師さんには、療法士さんから病棟でのリハビリとして「この患者さまには足上げ腿上げを10回、3セット」など課題を出される場合もあるそうです。

スタッフ同士の日々のコミュニケーションが大事な職場と言えますね。

Q.プライベートや家庭と両立できますか?

A.多くの看護師さんが両立しています

突然の容体変化など、残業がまったくないとは言えません。時には業務終了後に勉強会が行われたりすることもあるようです。 しかしながら、救急指定がなく、計画入院・予定退院が多いため、突発的な残業はおおむね少ない傾向にあるようです。

そのため、ワークライフバランスを取りやすい職場としてママさんナースや結婚を控えている看護師さんなどに人気があります。

Q.医療の第一線に携われない不安がありますが…

A.先進の医療に携わる機会は少なくても、回復期ならではの経験ができます。

急性期病院と比較すると、医療行為は少ないといえるでしょう。とはいえ、たとえば脳梗塞の患者さまの場合は再梗塞の可能性があるので、日頃の観察がいっそう重要になるなど、医療的なスキルを活かした日々の看護はもちろん必要です。 急変の場合も然りです。

また、疾患に見舞われたあとに回復していくメカニズムを知るという点は、回復期ならではの経験や勉強ができる部分です。

回復期リハビリテーション病院は、この10年程度で約6万床まで増加。新しい切り口での学びの機会に恵まれると考えて、回復期の看護にチャレンジする道もあるのではないでしょうか。

Q.学びややりがいって?

A.患者さまが退院していく姿に喜びが

リハビリを通じて機能を回復し、退院されていく患者さまの姿を見ること。これが、回復期に携わる看護師さんがもっともやりがいに感じる点のようです。

また、時間をかけてリハビリし、少しずつ機能回復していくステップは、すぐには成果が見えづらく、患者さまにもご家族にも焦りをもたらします。 残った障害と付き合いながら生活していくことになる患者さまの場合は、障害が残る事実をなかなか受け入れられないケースもあります。

しかし、そんな患者さまと毎日ふれあっている看護師さんだからこそ、ほんの少しの変化にも気付き、「以前は歩けなかったけど、今日は少し歩けましたね」と経過を伝えられ、患者さまやご家族に前向きになっていただけるのです。

こうしたケアが回復期病院での看護師さんの大切な役割。その一つひとつが、貴重な学びの機会になります。

回復期リハビリテーションでのお仕事に興味のある看護師さんへ

回復期リハビリテーション病院のお仕事のこと、イメージできましたか?

回復期リハビリテーション病院の大きなメリットのひとつは、残業が少なくプライベートの時間を大事にできること。残業時間や夜勤の回数、体制、全体的な忙しさは病院によって異なりますので、業務内容や院内の雰囲気、病院として力を入れている疾患などを確認することが大切です。

具体的なお仕事のイメージをきちんとつけて、安心してお仕事をスタートさせましょう。

もちろん、【ナースではたらこ】が独自に取材した病院情報も、キャリア・アドバイザーがお伝えしますよ!お気軽にご相談ください。

キャリア・アドバイザーとは?

看護師の転職に必要な知識や情報を身につけた、看護師の転職を専門にサポートするプロフェッショナルです。

キャリア・アドバイザーは、看護師さんの転職活動を支援するために、給与や待遇などの条件交渉をします。 場合によっては面接に同席してくれたり、履歴書の書き方や面接対策のサポートなども行います。

回復期リハビリテーションのその他のレポート

転職をお考えの看護師さんへ

「ナースではたらこ」は日本最大級の求人情報を掲載!あなたの条件を
満たす求人がきっと見つかります!